コスメ ブログ メイクアップ

「流行色」だからこそ気をつけて!

2016/05/26

先日、たまたま某雑誌のコスメ記事を読んでいたところ、この春の流行色についての記事が。

内容は『春は青みピンクがブーム!』というもの。

「美的」さんでも特集されていましたね。

今年のリップは肌までキレイに見せてくれる○○系ピンクがブーム! | 美的.com

おしゃれも可愛さも手に入れる! 青みピンクチークに夢中♪ | 美的.com

 

「青みピンク」って?

『青みピンク』とは、その名の通り、「青みがかったピンク」「青み寄りのピンク」のこと。

20160211174051

PCやスマホ画面上だとなかなかわかりづらいかもしれませんが、この画像でいうと右側が青み寄り、左側が黄み寄りです。
ブルーベース、イエローベースと言う場合もありますね。

青み寄りのカラーは、肌を白く輝かせて見せてくれる効果があります。

美白に憧れる日本女性には最高のカラー!と言いたいところですが、お察しの通り、扱いがなかなか難しいカラーでもあります。

いわゆる、「パーソナルカラー」というものが関わってくるのですが、これもまたメイクで考えると一筋縄ではいかないのです。

 

そもそもお肌は先ほどの画像のような「白」ではないですし、更に日焼けしているかしていないか、黒髪か茶髪か、ファッションに合っているかなど、様々な要素が絡んできます

また、一口に「青みピンク」と言っても、青みの少ないものや多いもの、マットなタイプ、シアーなタイプ、ラメ入り、ラメなしなど、様々です。

「流行色だから」「雑誌に載っているから」「みんな使ってるから」という理由だけで、おいそれと購入するのではなく、その色味が本当に自分に合っているのかどうか、きちんと見極めてから購入するように気をつけましょう!

自分で自分に合う色味がわからない!という方は、美容部員さんに相談したり、お友達に見てもらったり、客観的に判断してもらうのがオススメです。
(もちろん、evessenciaのレッスンでもOKですよ♡ )

 

ちなみに、雑誌を一緒に読んでいた妹は、バリバリのイエローベースさん。
もし彼女が何も考えず、流行色のバッチリ青みピンクのチークを使っていたら......周りから非難轟々でしょうね......

 

また、今季流行の青みピンクのような目立つカラーは、使い方にも気をつけたいもの。

どどーんとお顔全体にチークを乗せてしまっては...もはや、おてもやんどころではありませんので(笑

ちょっとしたポイントに気をつけて、流行色・流行メイクを楽しみましょう♪

Ayako

-コスメ, ブログ, メイクアップ
-, , , ,