コスメ ブログ メイクアップ

ビューラー選びの最重要ポイント!

2016/05/26

以前、ファンデーションについて書かせていただきましたが...

乾燥肌さんのファンデーション選び①

乾燥肌さんのファンデーション選び②

 

今回はコスメ...というか、メイクツール選びについて。

メイクを専門的に学び始めて、道具について私が最も驚いたと言っても過言ではないのがコレ。

 

ビューラー !

みなさん、ビューラーって何を基準に選んでいますか??

おそらく、

・ブランドやメーカー

・バネのつよさ

・お値段   

...ぐらいなものじゃないかなぁと思うのですが。

実は他にもそのメーカーやブランドによって全く違うところがあるんです。

 

ビューラー選びで気にすべきポイント

それがこの部分です。おわかりいただけるでしょうか...?

ビューラー

はい、ココです。「まぶたにあてる部分のカーブ」が違うんです!
(そんなの知ってるよ!という方はすみません......)

実はビューラー選びでは、ココが最重要ポイント

「綺麗にまつ毛が上がらない」という方や「まぶたの肉を挟んでしまう」方、カーブがご自身のまぶたに合っていない可能性大です!

 

一般的に、日本人は欧米人に比べてまぶたのカーブが浅いとされています。
そのため、欧米メーカーのものは、カーブが深めのタイプが多いのです。
日本人には、↑の写真右のようにカーブが浅めのタイプがオススメです。

ドラッグストアや量販店では、ビューラーを試せるところはなかなかありませんが、今ご自身がお持ちの物を使っていてしっくりこないという方は、カーブを見直して選んでみてくださいね。

 

ちなみに、目安としては...

◆ 目頭または目尻(もしくは両方)の皮膚を挟んでしまう人→浅めのカーブ

◆ まぶたの中央部分の皮膚を挟んでしまう人→深めのカーブ

 が合うとされています。

私の経験からすると、やはり浅めカーブの方がしっかりまつ毛が上がる方が多いです。

 

写真右のビューラーは 資生堂マキアージュのもの。 

私は、プライベートでもレッスンでも、これ以外使えません!

 

そしてもう一つ、これは講師としてお伝えしたいのですが...

ビューラーのゴムは定期的に替えてください!(切実)

 

裂けてしまってる方、よくお見かけしますが、そのままだと睫毛が切断されますよ...

以前も書きましたが、綺麗なメイクのためには、道具のメンテナンスが必須です!

<参考記事:美しいメイクをしたいなら。 - どんなコスメを使うかよりも重要な、たった1つのこと。

 

 

ちなみに余談ですが...「ビューラー」の語源が気になって調べてみたところ...

アイラッシュカーラー(Eyelash curler)とは、まつげを挟んで上向きにそらせる化粧具のことである[1]。日本では「ビューラー」という通称が多く用いられるが、これは商標名で、語源は「ビューティー+カーラー」。 

アイラッシュカーラー - Wikipedia

だそうです。商標名だったんですね...勉強になりました。

...ということで、ビューラー、もとい「アイラッシュカーラー」選びの参考にしてみてくださいね。

Ayako

-コスメ, ブログ, メイクアップ
-, , ,